自己破産の相談は弁護士に

債務整理には3つの手段(任意整理 民事再生 自己破産)

 

債務整理には主に3つの手段があります。
・任意整理
・民事再生(個人再生)
・自己破産
これらの手続きをすることにより、支払いを止め、督促や取立ても止めることが出来ます。

 

 

任意整理

 

任意整理とは裁判所などを通さず、債務者の借金を債務者本人もしくは代理人(弁護士や司法書士)が貸金業者などの債権者と交渉し、金利を無くしてもらったり大幅に減額したり、毎月の支払額を減額し無理なく返済をしていく方法です。
民事再生や自己破産のように裁判所を通さないことがポイントです。
ただ債権者との交渉には、プロの弁護士、司法書士に依頼したほうがベストです。

 

 

民事再生

 

民事再生(個人再生)とは裁判所に申し立て、借金を大幅に減額してもらいます。
5分の1から10分の1程度まで減額されます。毎月支払額は大きく減ります。
住宅ローンを抱えている方には検討すべき手続きです。
ただし、債務総額に住宅ローンは含まれません。

 

民事再生(個人再生)には下記のような条件があります。
1.個人であること
2.住宅ローン以外の債務総額が5,000万円以下であること
3.継続的収入があること
4.今後3年以内での返済が見込めること(5年以内になることもある)

 

 

自己破産

 

自己破産とは生活を再建するための最終手段として手続きする方法です。
支払える財産もなく今後の生活が困窮するのを防止するための制度です。

 

破産をし免責が下りれば借金をはじめ滞納家賃などの債務はすべてなくなります。
支払える財産がない前提ですので、住宅などの高額財産は手放すこととなります。
ただし、家具、一部の保険など生活に必要な財産は破産後も保有できます。
詳細は、専門家である弁護士、司法書士などに相談をおすすめします。

 

 

 

信頼できる弁護士・司法書士リンク

 

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込

 

RESTA法律事務所 WEB 相談申込

 

樋口総合法律事務所

 

スタイルエッジ

 

新大阪法務司法書士事務所

 

おしなり法律事務所 債務整理 相談申込

 

▼極限交渉の債務整理!

 







トップページはこちら