自己破産のデメリットは資産没収、ブラックリスト

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットは、その時に所有している家や車などの資産の没収、信用情報機関に事故情報として掲載される(いわゆるブラックリスト)ことです。

 

自己破産は借金を免除してもらう代わりに所有している資産は没収されます。車や家などの資産、99万を超える現金、時価20万円以上の物品等です。没収された金品は債権者へ分配されるためです。

 

信用情報機関にはいくつかあり、借入先の種別によって情報登録される機関が異なります。5年から10年登録されるのでその期間はローンやクレジットカードの審査に通ることはありません。
携帯電話を割賦契約する際も各携帯キャリア会社は信用情報機関に個人情報を照会するので同様に審査には通りません。

 

自己破産にはメリットとデメリットがありますので、現状と手続き後の生活を考え、今度は計画的に進めていくことが大切だと思います。

 

まずは、弁護士さんに相談することで今後道筋も見えて来ると思います。

 

相談無料、全国対応、24時間対応のリヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込がお薦めです。
メール相談できるところも安心です。