自己破産したら家や車などの資産は没収

自己破産をしたら車はどうなる

カーローンの不払いの場合

 

カーローンの不払いがあった場合所有権のあるローン会社に車を返還しなければなりません。
支払いが終わっていない状況で乗り続けることは不可能ですよね。

 

乗り続けるためには自分で払うか,他人が払うかということになります。ただし、自分が払うということは破産者が支払うということになりますので、破産制度に反します。
他人が払う場合としては保証人が支払うケースです。ローン会社としては入金さえあれば誰が支払うか問いませんので問題ありません。

 

ここで注意しなければならないのは、一括でカーローンを第三者から支払われた場合、所有者が破産申立人名義になっている場合は没収資産として取り扱われる可能性もあります。
高級車などでしたらほぼ間違いないでしょう。

 

 

 

債権者への返還可能な財産として売却

 

破産制度は破産者の財産を債権者に分配する手続となっております。名義が申立人のままだと債権者に分配せよということになります。

 

しかし、車や生命保険など一定の財産が申立人の生活に必要不可欠なものであると裁判所に認められたならば車の売却や保健などの解約はしなくて良いケースもあります。

 

生活に必要としても、没収されるか否かは、車などの時価や保険の掛け金額により裁判所や債権者の判断基準に委ねられます。

 

ここで悪意をもって資産の移転や名義変更を行うと厳しく罰せられますのでくれぐれもご注意ください。

 

所有財産に関する不安やご質問があれは、専門家である弁護士相談することで的確なアドバイスを求めることをお薦めします。

 

相談無料、全国対応、24時間対応のリヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込がお薦めです。
メール相談できるところも安心です。