過払い金請求で払いすぎたお金を取り戻す

過払い金請求で取り戻す

過払い金とは、レイクやアコム、アイフル、モビット、プロミスなどのカード会社からのキャッシングや消費者金融からの借入を返済する際に、法律の定める上限金利を超えて支払った利息のことを言います。

 

ここで言う法律とは利息制限法のことです。

 

同時に、2010年の改正後の出資法のことでもあります。

 

 

利息制限法

 

利息制限法は、上限金利を次のように定めています。

 

A.元本が10万円未満の場合は年利20%

 

B.元本が10万円以上100万円未満の場合は年利18%

 

C.元本が100万円以上の場合は年利15%

 

利息制限法の定める上限金利は改正前から変更ありませんが、罰則規定を定めていません。

 

一方、改正前の出資法が定める上限金利は、例えば、元本が10万円未満の場合は29.2%で、利息制限法と異なっていますが罰則規定があります。

 

金融業者は罰則規定のある出資法を超えない範囲で貸し付けを続けていました。

 

両法律の上限金利の範囲がグレーゾーン金利と呼ばれていました。

 

しかし、2010年の改正によって、両法律の上限金利は一致することになり、出資法による罰則が適用されることになり、グレーゾーン金利は撤廃されました。

 

 

過払い金の返還請求は弁護士に依頼する方が有利

 

過払い金は、10年に遡って業者に対して返還請求できます。

 

過払い金請求は本人が行なうこともできますが、弁護士に依頼する方が有利です。理由は、業者と対面する必要がなくなるためです。

 

また、開示請求や返還請求に応じやすくなるためです。

 

なお、弁護士に依頼する場合の成功報酬は、およそ15%から20%が一般的です。

 

 

信頼できる弁護士・司法書士リンク

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込

 

RESTA法律事務所 WEB 相談申込

 

樋口総合法律事務所

 

スタイルエッジ

 

新大阪法務司法書士事務所

 

おしなり法律事務所 債務整理 相談申込

 

▼極限交渉の債務整理!

 







トップページはこちら