民事再生(個人再生)で住宅差し押さえ回避

住宅ローンはどうなる

金融機関での住宅ローンの審査について、」過去に債務整理をしたことがある方でも、一定の条件が整えば審査には通ります。

 

住宅ローンを組む際には、ローンの申込みを受けた金融機関では、住宅ローンを申し込んだ本人の年収・勤務先・本人の信用情報などについて、審査を行った上で、融資を行うかどうかを判断しています。

 

債務整理については、本人の信用情報を申し込みをした金融機関が信用情報センターに照会した際に、履歴が残っている場合には、ローンの融資の判断に影響が出てしまいます。

 

ちなみに、信用情報については、本人でも照会することができます。住宅ローンを申し組む前には、予め確認されることをおすすめします。

 

 

住宅ローン審査が通らなかった場合

 

債務整理をしたという情報が消えるのは、5年ほどの期間が必要だとされています。

 

住宅ローンを検討されている方は、その間頭金をためて、5年以上経ってから住宅ローンの申し込むをするようにしましょう。

 

債務整理中はもちろん、完済後5年は審査に通過することが難しいというのが実情です。

 

債務整理を行った場合、たとえそれが任意整理であったとしても、金融業界に対する大きな信頼損失となっています。

 

この制度を利用した時点で、ローン全般に関しては難しくなります。

 

一度失った信頼を回復するためには、多くの年月は必要となります。

 

 

信頼できる弁護士・司法書士リンク

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込

 

RESTA法律事務所 WEB 相談申込

 

樋口総合法律事務所

 

スタイルエッジ

 

新大阪法務司法書士事務所

 

おしなり法律事務所 債務整理 相談申込

 

▼極限交渉の債務整理!

 







トップページはこちら