債務整理(任意整理、民事再生、自己破産)の方法

任意整理の方法

 

借金の整理を弁護士が代理人となって行うことを、「債務整理」と呼びます。

 

この債務整理の中には、主に3つの方法があります。まず1つ目は、任意整理手続きです。

 

2つ目は民事再生(個人再生)そして3つ目は、自己破産・免責手続きです。

 

 

任意整理手続き

 

ここでは、「任意整理手続き」について詳しく見て行きましょう。

 

これは、弁護士が依頼人(借主)と貸金業者の間に介入しますが、裁判所などを利用せずに、両者の間に直接入って交渉を行い、長期の分割払いという支払い方法で解決を図るものです。

 

弁護士は、貸金業者に対してこれまでの取引履歴の開示を請求することが出来、それを元に、「利息制限法」という法律に定められている利息に従って、法的に借主が支払う義務のある借金を計算し直します。

 

年15〜20%を超える利息の場合は、減額を求めることが出来ます。)こうすることで、年20〜29%という法外な金利は支払わなくて済むようになります。

 

また、多くの場合には5〜7年間以上、真面目に支払いを続けていれば、貸金業者に対する借金はなくなり(債務不存在)、それ以上の年月が経っていれば支払い過ぎたお金を業者から取り返すことも可能になるのです。

 

過払い金返還請求手続きですから、借金問題に悩んでいる場合には任意整理の方法について、一度弁護士に相談してみることがオススメです。

 

 

信頼できる弁護士・司法書士リンク

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込

 

RESTA法律事務所 WEB 相談申込

 

樋口総合法律事務所

 

スタイルエッジ

 

新大阪法務司法書士事務所

 

おしなり法律事務所 債務整理 相談申込

 

▼極限交渉の債務整理!

 







トップページはこちら